新しい家族が出来た

      新しい家族が出来た はコメントを受け付けていません。

僕の大事なペットです

一人暮らしの寂しさを紛らわせるためにと思い考えたのが、ペットの購入です。
実家に帰ろうかなと感じた事が何度もありましたが、合宿免許に行った頃からの夢をようやく叶えたのにそう簡単に止めるわけにはいかないと考えていました。
たまたま友達の家に遊びに行くと、友達が飼っているハムスターの可愛さに一目惚れしてしまいました。
僕の実家ではずっとペットを飼っていたので、僕自身も大の動物好きです。
ペットがいてくれるなら一人暮らしでも寂しさを感じないのではないかと思い、早速僕もハムスターを購入して飼ってみることにしました。

参考:初心者のハムスター飼育法

準備は楽しい!

ハムスターを飼う際には専用のゲージに入れて飼育します。
室内に放し飼いをすると電気のコードをかじって感電し、命を落とすリスクや火災を引き起こす危険性も高いため注意が必要です。
どんなゲージにしようかと迷っていましたが最終的には金網タイプを選択しました。
金網タイプの方がハムスターも快適に過ごしてもらえるだろうなと感じたのであえて水槽タイプは避けましたが、冬は室内も寒くなるので水槽タイプの方がハムスターは快適に過ごせると思います。
後は運動するための回し車を用意してエサ箱やトイレも牛乳パックを切って用意しておきました。

いよいよ新しい家族を迎えるためにハムスターを購入しに行きました。
ハムスターは色々な種類が存在していて、それぞれ性格が異なって飼い方も微妙に異なるコツが存在していました。
個人的にはロボロフスキーハムスターが小さくて可愛いなと感じましたが、初心者はゴールデンハムスターの方が飼いやすいと聞いたので素直にゴールデンハムスターを選ぶことにしました。

ハムスターとの生活

ゴールデンハムスターには「キンちゃん」と名前を付け、トイレの場所を覚えさせて、毎日決まった時間にエサをあげるようにしています。
今挑戦しているのは手乗りハムスターにすることです。
まだ僕に慣れていない状態なので手に乗ってくれることはありませんが、徐々に慣らしていこうと思っています。
ハムスターは夜行性の動物なので、だいたい夕方くらいになると活発に行動を始めます。
元気に回し車をクルクルと回しながら走っている様子を見ると、とても可愛くて毎日癒やされています。
直接僕の手からエサを食べるようになってきたので、手に乗ってくれる日はもう近いのではないかと期待しています。
うまく手乗りハムスターになってくれたらまた報告しますね。