雪山に挑戦

      雪山に挑戦 はコメントを受け付けていません。

スノーボードを堪能しました!

僕の大好きなウィンタースポーツといえばスノーボードです。
高校生の頃から毎年雪山に行って、ほぼ独学で滑れるようになりました。
今年は新潟の湯沢高原に行ってきました!
雪質がとても良くて、眺めも絶好のロケーションとして有名なスキー場です。
合宿免許に合格してから自分の運転で雪山に向かうのは今回が初めてでした。

参考:湯沢高原スキー場

雪山の運転は慎重に

スキー場に向かうにつれて天気が次第に悪くなってきて雪模様になりました。
ただでさえ凍結路面を走行するのは怖かったけど、友人が一緒に乗っている手前ビクビクしながら運転するのも格好悪いかなと思いつつ走行させていました。
赤信号で停車する時に初めてABSがフル稼働するほどに滑ってしまい、なかなか停車しなくて焦りました。
たまたま前方に車がなかったから事無きを得たものの、万が一車があったら追突していたかもしれません。
乾燥路面の時と同じようにスピードを出していては本当に危ないのだと痛感しました。
合宿免許でもきちんと習っていたはずですが、実際に身を持って体験しないとわからないものですね。
その後は合宿免許で学習した冬道での運転方法を思い出しながら、慎重に運転をしました。
自分だけでなく、同乗者もいるので万が一の事があっては大変な事になると思い、かなりゆっくりとしたスピードで走行しました。

一面パウダースノー!

湯沢高原スキー場に到着すると、たくさんの人がスキーやスノーボードを楽しんでいました。
僕達も早速スノーボードを抱えてゲレンデに行き、今シーズン初めての滑りを堪能しました。
やはり湯沢高原は噂通り素晴らしい雪質で、それぞれのレベルに合わせたコースを楽しめるのがとても良いと感じました。
僕達はコスモスコースと青いケシコースを何度か滑走して楽しんできました。
コスモスコースはとにかく景観が素晴らしいコースとして有名で、一面に広がる雪景色がまるで日本とは思えないような別世界に感じられました。
青いケシコースは最大28度の斜度で、かなり難しかったですがスリルのあるスピード感がとても楽しかったです。

スノーボードを思う存分楽しんだ後は、温泉で疲れを癒してきました。
湯沢温泉は文豪・川端康成の有名な作品である雪国の舞台になった場所としても知られています。
僕達のようなレジャー目的で訪れた人も気軽に入浴できる温泉がたくさんあるのでとても便利です、
今度は数日間泊まりがけで来たいと思っています。