合宿免許の持ち物

      合宿免許の持ち物 はコメントを受け付けていません。

僕が合宿免許に参加するに当たって持っていったものを紹介したいと思います。

合宿免許で絶対に持っていかないといけない持ち物は、住民票です。

これは事前に発行してもらいましょう。

それから身分証明書です。

保険証があればよかったと思います。

僕は学生証と保険証を持っていきました。

それから印鑑と筆記用具です。

これはたぶん、どこの合宿免許を利用しても必要なものになるのではないかと思います。

参考:合宿免許の持ち物

 

持ち物は旅行に行く感覚でいいのだろうと思って、
一応旅行に行くような持ち物を準備したのですが結果的に現地に行ってから購入したのが、
シャンプー、リンス、つめきり、髭剃りでした。

あると思っていたら宿舎といっても僕が宿泊したのはホテルや旅館ではないですから、
こうしたものは一切なかったです。

いわゆるアメニティといわれるものは自分で持っていかないといけなかったです。

きっとパンフレットに書いてあったのでしょうけれど
ちゃんと読んでいかなかったので自分が悪いんですけどね。

あと、途中で現地で雨が降ってきて、
さすがに折り畳み傘とか用意していなかったので、
かさも現地で購入することになりました。

 

それからお金は2万円もあればいいかなと思っていたのですが実際、旅行もかねていたのでお土産などを購入するのに、途中でもう少し銀行へ行って引き出しました。

同じ時期に来ていた人はカラオケに行ったりのみに行ったり温泉に行ったりしていたので5万円くらい使ったといっていました。

下着などは2週間分も用意できないですが、宿舎にコインランドリーがあったので、それを利用しましたから結局3セットくらい持っていきました。

後はタオルとか、ハンカチとか基本的なものですよね。

 

僕はパソコンを持っていったのですが無線ランが利用できる宿舎だったので、
パソコンでネットサーフィンしたりやり取りができてよかったです。

スマホの充電器も忘れないようにしたほうがいいですね。

同室の人が充電器を忘れたので、同じ機種の人を探していましたから。

あると便利なのはカップラーメンとかですかね。

現地でも調達はできますがちょっと小腹がすいたときに食べるのに便利です。

食事は全てついているので、
食べるのに困ることはなかったですが苦手なおかずが出たときとか、
ちょっと量が少ないといったときでも手軽に食べられるのはよかったと思います。

あと、季節によってはマスクも必要かもしれません。

僕が行ったのはまだインフルエンザが流行している時期でしたからマスクを途中で買いました。

宿舎も教習所もなんとなくインフルエンザだの風邪だのって流行していたので。

これらの持ち物を持っていれば特に合宿免許中に困るということはないと思いますが
女性だったらそれ以外に、化粧品とか、もっと荷物が増えそうですね。